埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその都度、費用がかかります。
標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。
定期検診にかかるお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいと考えてください。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を見込んでおいてください。
一般的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのがだいたいの流れです。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。
虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が健全であれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンという義歯をはめられます。
抜歯した場合の選択は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するというインプラント治療が候補となります。
今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。
骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーの発症例も少なくなっています。
もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て本格的な治療がスタートするので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
それから、治療後には、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。
様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。
治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医がどのような技量を持っているかで大きく違ってくると言うべきです。
インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だということを理解してください。
できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラント治療の結果を左右するのです。
インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、定期的なメンテナンスが行われていれば本物の歯に匹敵する耐久性があると考えていいようです。
すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期にわたって維持できますが、ケアが十分でなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと考えなければなりません。
最近話題になることも多いインプラント。
ですが、便利な反面、留意すべき点もあるのです。
まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。
インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。
ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうことがあります。
この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。
現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため費用面で、治療を躊躇する方も多いのが当然です。
しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社のローンで支払いができる融通の利く歯科医院が多くなりました。
全ての費用を現金一括払いできなくても、受けたい治療を受けることが十分可能になりました。
長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。
せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、どうしても自分次第のところがあります。
間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。
正しい方法を歯科で教えてくれるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。
治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。
その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、異常に気付くのも遅くなります。
担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。
仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずありません。
あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な印象を与えるので他の人に自分から言う必要もないので義歯だと気づかれることも気にする必要はありません。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。
参考:効果が高すぎるホワイトニング用歯磨き粉