歯のある日常が戻ってきたと思っても、ケアはそこで終わりではありません。

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、ケアはそこで終わりではありません。
インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。
歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。
日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。
その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。
担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。
ご存じの通り、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によって税金の還付を申告します。
確定申告で医療費控除を受けたい場合、治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるため絶対再発行されないと肝に銘じておき、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。
インプラントならば、他の人工歯と比べてもしっかりと噛むことができ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもありがたみを実感する点です。
自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。
人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強いものでもあります。
どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は本来の歯同様の耐久性を得られると考えていいようです。
ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期にわたって維持できますが、ケアが十分でなければ維持できなくなる異常も起こりうるということを肝に銘じておくべきです。
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、全身麻酔になることはほとんどありません。
麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。
このような難しい治療を行う場合、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることを忘れないでください。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。
最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで絶対治療できないとは言えません。
まずは歯科医に全て話しておきましょう。
無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前よりも口臭が気になるといった変化がたまにあるということです。
インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。
この原因としては、義歯と歯茎の間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしている可能性も考えられます。
自分もそうかも、と思った方は、早期に診察してもらうことが大切です。
これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はめったにありません。
根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な印象を与えるので他の人に自分から言う必要もないのでいかにも義歯だと思われることはいちいち考えなくて良くなります。
前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療方法を選ぶべきでしょう。
1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
審美性を考えた場合、ブリッジよりインプラントの方が良いと言えます。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというのが痛いところです。
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗のリスクはあります。
治療が失敗すると、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの審美的な問題が起こることもあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はよく考えて決めてください。
PRサイト:ホワイトニングジェル 歯 おすすめ