インプラント治療を始める前

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのがとても大事です。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療が事故につながる可能性があります。
こうした病歴があっても、直ちにインプラント治療ができないわけではないため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。
様々なインプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった話を聞いた方もいるでしょう。
それは気にしないでください。
磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。
インプラントには主にチタンが使われており、チタンの特性として、磁気には反応しないためそのため、MRI検査は問題なくできます。
一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたごく一般的なインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。
このため、歯科医院を探すときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが重要事項の一つになります。
感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてきちんとホームページに載せている歯科医院もどんどん増えているので、あれば必ず見ておきましょう。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その義歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。
陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。
熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが必須になってきます。
当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、それだけ、セラミックの歯というものは歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。
大きな効果を得られるインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。
最大のデメリットは費用が高額になることです。
ケースによっては数十万円の負担になるケースもまれではありません。
加えて、治療が失敗して取り返しがつかない健康被害が起きるという重大な問題もあります。
まれな症例として、患者の死亡例も実際にあります。
喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は小さくないと覚悟してください。
一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の一大関門となります。
周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も相当の妨げになります。
インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療が無事終わるまでの間と思って禁煙あるのみです。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが一般的な説です。
とすれば、普段のメンテナンス次第で長い間自分の歯と同じように使えますが、日頃のケアが行き届かないと歯周病など、異常が起こることがあると考えなければなりません。
インプラントの技術が確立されてきた現在では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それも皆無とはいきません。
義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどの事例もあります。
そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足の影響が多分にあります。
高い技量を持つ歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。
様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療を断念するのは早すぎるかもしれません。
最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。
インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により何種類かのタイプがあります。
骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているのを1ピースタイプといいます。
それ以外に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。
2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。
お世話になってるサイト>>>>>比較的にホワイトニングの効果は短期間しか持ちません