他の歯に影響ない

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。
麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためで時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどなので、気にしないでください。
実は他の問題が隠れていたということもありますから、違和感がおさまらないときは歯科医の判断を仰ぐことに努めましょう。
インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので維持費がかかることを知っておきましょう。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医に診てもらうことになります。
定期検診を受ける費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円程度かかることが多いです。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を用意しておきましょう。
最近話題になることも多いインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、他の治療法と同様、注意すべき点があります。
まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。
インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。
腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラントの利用が不可能と診断される場合があることに留意してください。
喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は小さくないと覚悟してください。
インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。
埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが次のステップに進むための条件です。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。
快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療を受けている間はつらくても禁煙するのが正解です。
どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、他の治療が難しい患者さんが受ける治療です。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を希望することになる患者さんが多くを占めます。
入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、普通は再手術しか手段はなく、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。
埋入するのもリスクがあって、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。
もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治すことが必要条件です。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もリスクを背負っています。
ただし、これらの既往症があっても治療できないといわれる可能性は低いためまずは歯科医に全て話しておきましょう。
「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。
読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。
残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、差し歯は利用しようがないということです。
では、インプラントの場合はどうでしょうか。
インプラントは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。
自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。
インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるといわれています。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにひたすら辛抱が大事です。
もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。
急患でも診療を受けることが必要です。
どうにも入れ歯がしっくりこない、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラント治療がすすめられるでしょう。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、費用がかかることは確かですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。
見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を譲れない方にふさわしい治療です。
もっと詳しく⇒歯を自宅に居ながらクリーニング