インプラントの耐用年数

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当医の技量によっても変わるようです。
口内のセルフケアを怠れば、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。
ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうすると歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、それだけインプラントの使用可能年数にも影響が出ます。
治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。
場合によっては、保険診療にもできるようですが、一般的なケースではなく、普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を強いる原因です。
現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれると費用が数倍にもなる可能性があることを重々承知しておいてください。
インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。
その点は、担当医の技量に加え、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、どうなると言い切ることはできず、人と状況によりけりなのです。
担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れや痛みが収まらない場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。
長年放っておいた虫歯があり、ついに歯を抜かなければならなくなりました。
ブリッジでもいいですよと言われましたがこのような場合、インプラントにもできますと説明され自分の気持ちが固まりました。
結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。
インプラントで噛むようになり、しばらくして自分の歯と同じように噛めたのでインプラントが正解だったと思います。
歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。
他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントが定着しなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。
インプラントの埋入も、骨を削るので手術時に神経を損傷する危険を伴います。
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
今では、どこで手術を受けても耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。
麻酔の効き方を確認しながら手術するのが普通だからです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかもしれませんが化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。
実際のところまだ定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本来の歯同様の耐久性を得られるとされています。
すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間の使用も問題ありませんが、ケアが十分でなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうという押さえが必要です。
簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根部が残っているかどうかの違いです。
虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンという義歯をはめられます。
これに対し、抜歯した後は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。
どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
かなり専門性の高い外科的治療を要するので、とにかく数多くのインプラント治療にあたってきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。
また、できれば費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども後悔しない歯科医選びの決め手となります。
長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。
義歯を劣化させず長持ちさせるのは、治療後のメインテナンス次第なのです。
間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。
正しい方法を歯科で教えてくれるので、必ず守るようにしてください。
自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。
その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、異常に気付くのも遅くなります。
担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。
もっと詳しく⇒ホワイトニング自宅通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です